真人間に

まともになりたい。

就職すること、経済的に自立することは私が自分のことをまともだと思う為に絶対に必要なことだった。

 

だから必死になって就活した。

おそらく多くの就活生と同じく、試行錯誤と迷走を繰り返して何とか希望の会社に拾って貰った。

配属先の先輩も皆雰囲気の柔らかい良い人達だったし、

仕事内容は辛いことや力不足を感じることも多くあるけど

そのハードルが社会で生きていることの実感のように思えて安心できた。

会社にも人にも恵まれたおかげで、今の自分はとても良い環境にいると思う。

 

 

でもなんか違う。

私はまだ真人間になれていない。

環境は良くても私が駄目なままなんじゃあ仕方ない。

この文章も支離滅裂、おかしな日本語を使っているような気がする。

 

何でだろう?

綺麗な文章を書きたいし、仕事では成果を出したい。それが駄目ならせめて人に迷惑をかけないように

したいし、自信をもって人と関わりたい。適切な考えを持ち適切な行動をとれるようになりたい。

普通の人が生きていく上で必要とされる常識や当然知っているべき前提を頭に入れておきたい。

何かあった時にどうする、とうろたえずにそれらの知識をもって普通の人にできる対応をしたい。

全てのことに落ち着いて臨みたいとかそんなことを言ってるんじゃないんだよ、

普通の人が普通に対応できる範囲のことに普通に対応したいんだよ。

 

その「普通」の定義が難しいんだろうしそれは変わっていくものなんだろうけどさ

変わっていくならその変化の波に乗りたい

 

周りの人と1から10まで同じじゃなくていいから

寝る前には歯を磨く、とかそういうレベルの常識を叩き込んで欲しい

 

ちゃんとしたい。

真人間になりたい。

 

受験して、就活して、社会人になってもだめだった。

いつなれるんだろう。

 

 

 

広告を非表示にする