おばあちゃんの消滅

祖母が死んだ。

 

初孫である私の誕生を喜び、成長するだけで褒めてくれた私のおばあちゃんはこの世に存在しなくなった。

 

 

厳密にはまだ火葬はしていないので身体は存在している。

 

人が存在するって何だろう。

祖母は遠方に住んでいたため、死後1日経った今もまだ亡骸を見ていない。

通夜の都合のため私は明日も明後日も仕事をしてから田舎へ向かう。

明日か明後日、葬儀までの間に母からやはり生きていたと連絡があれば祖母の存在は復活するし、復活しない場合は父方・母方の両方の祖母が亡くなったことになるため、今後私にとっての"おばあちゃん"という言葉は"老婆"と同義となる。

おばあちゃんはいなくなってしまう。った?

 

何も分かんねえ 大人なのに

これまで哲学書には手を出さずにきたけどちょっと読んでみようかな

 

 

 

広告を非表示にする